>>Amazonギフト券でさらにお得に<<詳しくはサイト下まで

EarFun Proじゃなくても十分すぎる?高コスパイヤホン【EarFun Air レビュー】

今、Bluetoothイヤホンを探している方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

というより「EarFun Air」がコスパよしの性能面も最高だということが結論。

 

音質に強いこだわりがなく普段使いにBluetoothイヤホンを利用するのであれば5000円以下でもちゃんとしたものが買える時代がきました。

 

この記事を読めばEarFun Airについて知ることができるのはもちろん。今購入しようか迷っている方の判断材料になれば幸いです。
 
 
 
  • EarFun Air基本スペック
  • EarFun Air メリット
  • EarFun Air デメリット
  • EarFun Air Pro  とどう違うの?
  • こんな人におすすめ

EarFun Air基本スペック

Bluetoothバージョン : V5.0
対応BLUETOOTHプロファイル : A2DP、 AVRCP、 HFP、 HSP
対応コーデック : SBC、AAC
イヤホンのバッテリー容量 : 2 x 55mAh
イヤホンの電池持続時間 : 最大6時間(音量とオーディオ内容により異なります)
イヤホンの充電時間 : 約1.5時間
充電ケースのバッテリー容量 : 500mAh(イヤホンを4回フル充電できます)
充電ケースの充電時間 : USB-C充電で約2時間、ワイヤレス充電で約4時間
入力 : DC5V / 1A
素材 : ABC、 PC
重量 : 約60g(充電ケース+イヤホン)
通信距離 : 最大15m(人体、金属、壁などの障害物や電波状態によって変動します)
防水規格 : IPX7(充電ケースは防水仕様ではありません)

基本的に10000円以上のイヤホンに引けをとらないほどいいです。

中でも防水規格IPX7は水に浸かっても大丈夫な最高規格。

水を気にせずガシガシ使えちゃいます。電池持続時間は最大連続再生7時間とケース充電込みで35時間ありますので申し分ない。

私は以前Anker Soundcore Liberty Air Bluetooth 5.0を使用していましたが、ケース充電込みで最大28時間の再生が可能とこちらも長時間再生ができ似たようなスペックでしたがEarFun Airの方が充電持ちがかなりいいように感じます。

もちろんちゃんとしたデータを取っているわけではないので参考までに。

EarFun Air メリット

5000円以下ではありえない
 
Ear Fun Air
 
 


EarFun Air一番のメリットは何と言ってもそのコスパのよさにあります。

Bluetoothイヤホンが欲しいけど予算は抑えたい人にとって打って付け。

その中でも5000円以下でBluetoothイヤホンを探すとなると性能面で不安が出てきます。

  • 音質はどうなのか?
  • 接続は途切れないか?
  • 充電はすぐ切れないか?

あまりに安い価格帯で探すとなるとこれらの不安が出てきます。私自身1000円~2000円台のBluetoothイヤホンを購入したことはありませんが、1000円~2000円台でイヤホンを購入するとなるとノンワイヤレスイヤホンの方が無難でしょう。

もちろん音質も良く接続も途切れず充電もそこそこ持ちがいいリーズナブルなBluetoothイヤホンもあるとは思いますが長く愛用するならもう少しお金を出して高コスパなBluetoothイヤホンを購入する事をおすすめします。

 

 

EarFun Air デメリット

EarFun Airのデメリット、本体のイヤホンサイズが若干大きめなのでケースから取り出す際に掴みにくいことが購入当初は多々ありました。

今は慣れて取り出す際もスムーズに取ることができますので小ぶりのイヤホンを使用していた方は初め手こずることがあるかもしれません。

音量調節に関しては本体をタップすることで簡単に調整することができるようになっています。

しかし、このタップして音量調整をしようとするとかなり繊細なタッチが必要になってくるかと。

その理由として音量を上げようとタップすると音量が連続で上がってしまうのです。なかなか自分の調節したい音量に出来ないことが難点です。

普段からデバイス側で音量調節する人にとっては何の問題もありません。

EarFun Air Pro  とどう違うの?

一番は「ノイズキャンセリング」機能がついているかいないかです。

はっきり言ってこの機能以外はさほど変わりありません。

重さが約20g軽くなったりと改良された点はありますが、ノイズキャンセリング機能があるかないかが一番大きな違いです。

現在AirPods Proが発売されていてかなり人気があり品薄状態が続いていますが、価格も30,000円とかなり高額。高くてもン人気があるのには理由があって、AirPods Proにはアクティブノイズキャンセリング機能がついているからです。雑音を消すことでクリアな音を楽しめるようになっていて、ノイズキャンセリング機能があるイヤホンとないイヤホンで比べるとかなり違いがわかるみたいです。

しかし、30,000円という金額を出して高機能なBluetoothイヤホンを買う必要性があるのかを考えると5,000円以下で機能面も十分な高コスパなBluetoothイヤホンをおすすめします。

EarFun Air Proは8,000円なのでノイズキャンセリング機能がついている割にかなりお値打ちなんですが、別にそこまでこだわりが強くなければProでなくてもいいのではないでしょうか。

こんな人におすすめ

  • 5000円以下でBluetoothイヤホンを探している
  • 音質のそこそこ良いBluetoothイヤホンを探している
  • 充電持ちの良いBluetoothイヤホンを探している

そこそこ良いBluetoothイヤホンを探している方
 
結論高すぎずに普段使いにもってこいのBluetoothイヤホンなのが、EarFun Airなのかもしれない。
イヤホンといえどピンキリである為、高いという金額を5,000円としこれを超えるものは音質などにこだわりがある人が必要とするイヤホンではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonをよく利用される方はギフト券にチャージしてよりお得にショッピングを楽しもう!              「現金チャージで初回購入で1000ポイントもらえる!」

CTR IMG