>>Amazonギフト券でさらにお得に<<詳しくはサイト下まで

【若木骨折】(わかぎこっせつ)手首を骨折した時の痛みや症状教えます。

若木骨折ってなに?

日頃から目にする木々から枝分かれしている細い枝があるじゃないですか。

 

その細い木の枝が折れて風でぶらぶらとなびいている姿を見たことありますよね。

 

完全に折れているわけではないのです。

 

若木骨折も細い小枝のように折れ方が似ていることからそう呼ばれているんだ。

 

骨折なんてしたことない

骨折したことなければそれが一番なのですが骨折してしまった時の痛みってどれくらいだろう?って気になったりしますよね。

 

 

結論

どの部位か折れ方などにもよりますが、私が経験した若木骨折では初めじっとしていられない痛みが続きその後も常に痛み続けたので折れた部分をずっと押さえていないと他のことに手をつけられないような状態でした。

 

 

骨折

文字通り骨が折れることです。折れ方も様々で痛みかたや症状もまた様々です。どうやって骨が折れるのかというと大半は外部的損傷によるものです。

交通事故やスポーツをしている時にぶつかったりすることで外部から強い衝撃を受けることで骨折するケースが多いです。

その他にもトレーニングをし過ぎて引き起こす疲労骨折などもあります。

 

 

どうやって骨折した?

運動時に結構なスピードで走っていたわけなんですが、そこでジャンプしてあるところまで飛び移ろうとしました。

イメージしやすいのはアイススケートをやっている時に後ろに滑って手をついてしまうような感じです。

 

その時着地に失敗してとっさに手を出してしまいました。この時片手にかかる負担は体を支えようとする力に加えてスピードがのっているわけです。

とても片手じゃ耐え切れない力を受け止めようとして骨折しました。

このように完全に骨が折れた状態ではなく、若い木の枝を折った時の様子と似ていることから「若木骨折」呼びます。

 

骨折直後の痛み

走っていてジャンプして手をついて骨折したわけですから「ボキッ」なんていういかにも骨折したっていう音は聞こえませんでした。

 

ケガをした時や物に足や手をぶつけた時でも直後は激しく痛みますよね。骨折した時も似たような痛みでした。

 

 

時間が経っても痛みが治まらない

直後の「イタァーイ」という痛みから数十分経っても「イタァーイ」に変わりありませんでした。

数時間経っても「イタタタタ」というような状態が続きました。

もう少し時間が経ってくると痛み方はさほど変わりませんがだんだんと体が慣れてくるのか多少落ち着きます。

 

人間の慣れって怖いものですね。

 

 

 

一度病院で診てもらうのがベスト

私の場合ある程度時間が経っても痛みが引かなかったので骨折したのかもと疑いましたが、それまで一度も骨折をしたことがなかったので骨折というのがどのような痛み方をするのかとか症状についてもわからなかったので放置していました。

ケガをした当日はそのまま睡眠をとりました。

一晩寝れば治るだろう。

よく何事も寝れば治るといいますが翌日朝起きても腕に痛みがあったので病院で診てもらった結果骨折していました。

 

「早め早めに行くのが一番」

 

 

 

判断方法

私の場合はその時周囲にいた人達に聞きました。

判断方法として

  1. 手は動くかどうか
  2. 腫れてないか

  1. 手は動きましたが強い痛みがありました。今回私が折れていたのは手首よりももっと手前の腕だったので判断しづらい状況でした。
  2. 骨折でも「若木骨折」といって骨が完全に折れたわけではなかったので腫れもそこまでありませんでした。

 

 

まとめ

骨折といっても種類は様々で痛みや症状も自分で判断するのではなく病院で一度診てもらうことをすすめます。

今回私が経験した若木骨折のように一般的に言われている骨折の判断方法ではわかりづらい場合がありますので参考までにしてください。

最新情報をチェックしよう!
>Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonをよく利用される方はギフト券にチャージしてよりお得にショッピングを楽しもう!              「現金チャージで初回購入で1000ポイントもらえる!」

CTR IMG