>>Amazonギフト券でさらにお得に<<詳しくはサイト下まで

TUDOR(チューダー)国内正規販売大盛況!!

みなさん「TUDOR」というブランドを知っていますか?

TUDORは、チューダーと読みます。*2018年10月31日から呼び名が改められた

さあ、そんなTUDORはロレックスの”弟分”から脱却し、現在では自社生産体制も整える一流ブランドです。

ロレックスの創業者、ハンス・ウイルスドルフがその前身会社である「ウイルスドルフ&デイビス」を1905年に興し、それから遅れること21年後、「TUDOR」はスイスのジュネーブで設立された。かつて1970年代までは日本でも輸入されていたものの、姿を消したという経緯がある。

その後は一部の並行店では取り扱いが続いたものの、ロレックスのような魅力的なコレクションが豊富だったにも関わらず、なぜか日本での正規展開は見送られてきた。

おそらく、高度経済成長を歩み始めた日本のマーケットでは、人気も単価も高い

”兄”ロレックスをメインで販売する方針だったのだろう。

しかし、

2007年、TUDORブランドをグローバルにリローンチすることを発表したことで、日本での展開の機運も高まり、ついに2018年10月31日、国内正規販売が始まったのである。

「※2020年5月」時点での正規店一覧はこちら↓

>>TUDOR(チューダー)【正規店の店舗一覧】<<

TUDORといえば、ロレックスのオイスターケースやローターの技術を活かした、「オイスタープリンス」や「オイスタープリンスサブマリーナー」など、ロレックスをベースにしたコレクションを輩出し、極地に向かう冒険者や各国海軍にも使用され、”兄”と同等の信頼性を勝ち取っていった。

この伝統技術を貰える受け継ぎ、現在も多数のラインナップを展開するが、

今回日本のマーケットに投入されるのは、

「ブラックベイ」「ぺラゴス」「ヘリテージ」のスポーツコレクションが中心。

その理由は定かではないが、ステンレススチール製のスポーツ・ロレックスが枯渇する現状において、その役割の一端をこれらのTUDORに担わせる狙いもあるのではないか?

肝心のプライスゾーンは30~40万台がメインで、これらはほとんど2015年に開発した同社初の自社製ムーブメントを搭載する。

汎用ムーブモデルに至っては20~30万円前半の設定である。

他社の同価格帯と比べても驚くべきコストパフォーマンスである。

発売と同時に大好評となる理由も頷ける。

しかしながら日本ではまだまだ「ロレックス」というブランドイメージが強い為、やっぱ「ロレックス」でしょ!

と、なるのも当然だとは思いますが、近い将来”兄”ロレックスと同等の位置づけ

になると思っています。

そうなると今より価格帯も上がる為、今一つの資産として購入するのも

ありなんじゃないかと思います。

そのTUDORの人気商品をひとつ紹介したいと思います!

チュードル TUDOR ヘリテージ ブラックベイ GMT 79830RB 【新品】 時計 メンズ

価格:569,100円
(2019/2/25 00:09時点)

バーゼルワールド2018で発売された、GMTマスターⅡに通じるデザインが特徴的な、バーガンディ&ブルーの24時間表示ベゼルを備える200m防水ダイバーズ。世界的にもヒットしており、国内市場では並行相場が正規価格を大きく上回る状況が続いている。ケース径41㎜。

最新情報をチェックしよう!
>Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonギフト券チャージでさらにお得

Amazonをよく利用される方はギフト券にチャージしてよりお得にショッピングを楽しもう!              「現金チャージで初回購入で1000ポイントもらえる!」

CTR IMG